2007年 02月 16日 ( 1 )


2007年 02月 16日

中国・雲南省のペンキで緑化したハゲ山の救済策

世界中で高まっとるエコロジー運動な。
なんとなくクリーンなイメージがあるけど、
わしが思うに、これほどマヌケなもんはあらへん。
なんでて、環境を破壊したり汚したりしたんは、人間や。
もっと言うと、わしらよりも前に生きとった先祖のことやな。
親や爺さん婆さんも、このくくりに入るわけや。
ちゅうことは、エコロジー運動とは、
親や爺さん婆さんが破壊したり借金のかたに取られた家を、
わしらの世代が、復元したり買い戻したり=尻拭いしとるいうことやな。
ようおるやろ。親が作った借金、泣きながら返してる奴。
あれは、エコロジー運動とまったく同じ構造や。
エコロジー運動=先祖の尻拭い。
カッコ良いもんとちゃうし、クリーンでもない。


本質が、そんな風にマヌケなエコロジーやから、
具体的な活動は、ネタの宝庫になって当然いうもんや。
最近、笑ろたんわ。
東京新聞のこの記事や

題して、「ペンキ塗って はげ山“緑化”」
でや。豪快な写真やろ。
d0105688_10391945.jpg

d0105688_10393448.jpg

中国南部の雲南省の昆明で、
はげ山を緑化するのに、植林せんと、緑色のペンキを塗りたくってたいう話や。

なんでも、このハゲ山の近くにビルが建つ予定やったらしく、
それで、窓から見た美観を美しくいうことで、緑のペンキ作戦になったらしい。

笑うのが、7人の作業員が約45日間かけて、
ペンキを塗り続け、その費用に約730万円かかったいう事実や。
大雑把に計算して、一人一日あたり、2万円。

ちなみに、その費用があったら、山は本物の樹々で緑化できたいうことや。

この一件どないして解決したらええやろう? いうて、
中国の偉いさんから電話があったがな。

わし、あたまキレるから、即座にええアイディア授けてしもうたな〜。

このハゲ山は、現代美術やと言いはったらどないやねん。
 そして、エコロジーのシンボル的モニュメントいうことでガンガン宣伝かける。
 そしたら、アホの日本企業のどっかがスポンサーになってくれるかもしれん」

電話1分。コンサルティング料は、リーズナブルにしといたったがな。
 

これも、いうたら逆転の発想や。


そんな、わしの逆転の発想がつまった
プロモ映像。これとこれや、見たってや。

「兵庫のおじさん」


「兵庫のおじさん」また別のお話や


こっちは mix のコミュでっさ
[PR]

by ojisan-blog | 2007-02-16 07:22 | 環境に愛のボヤキ