兵庫のおじさん 愛のブランデー日記

ojisanyade.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 31日

安倍首相は、いま辞めたらアカン(黒笑)

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9


自民党がボロ負けした参院選が
終わってから初めての閣議が31日の午前に開かれた。
安倍首相は
「選挙の結果は大変厳しかったが、政治の空白と行政の停滞は許されない」と、
改めて続投の意思を表明しはった。

自民党内からも批判が噴出したらしいけど、
ちなみにこれで、安倍首相は、辞めるタイミングを完全に失ったわけや。

マスコミは、責任云々とか、いろいろ批判を垂れとるけど、
わしは、まったく違う意見や。
というか、安倍首相の言動には、かなり感動しとんねん。

なんでか?

わしの深読みによると、
安倍首相は、
いまよりも、もっと最悪の状況になってから辞めよう思うてはるのや。

赤城農相と一緒に追われるように辞める。
子供にも笑われながら辞める。
選挙速報中よりも、もっとスゴイ泣き顔になって辞める。
d0105688_16173053.jpg

由緒正しい大金持ちの家に生まれた
超・勝ち組のサラブレッド政治家&一国の首相とあろうものが、
どっかの自動車メーカーのサービス残業200時間くらいやっとる
末端派遣社員が紙切れ一枚でクビを言い渡された時のような
ボロ雑巾のようなズタズタの表情になる。

その情けない顔がテレビで大映しになるわけや。

それを見ながら、日本中の「負け組」たちが、優越感にひたりおる。
そこで「負け組」たちは思うわなあ。
「勝ち組って、責任とかプレッシャーに追われて大変やなあ」と。
「負け組」たちが、「勝ち組」に同情するわけや。
そうすると、
「格差が生む社会的なギスギスした軋轢」が解消されてくる。
「格差問題」の解決や。

安倍首相のお考えは深いなあ。

せやから、首相は、まだまだ辞めたらアカン。
もっとエラいことに、取り返しのつかへん状況になってから、
罵倒の嵐の中で、イサギ悪く辞める。

これやがな(黒笑)

日本マウイ化計画

こっちは本家ですわ

こっちは mixi のコミュでっさ
[PR]

by ojisan-blog | 2007-07-31 16:12 | 政治・経済に愛のボヤキ


<< 朝青龍の仮病は、大相撲への”愛”や!      日本人の欲ボケをエエことに使う... >>