兵庫のおじさん 愛のブランデー日記

ojisanyade.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 10日

年金問題は、男と女の関係に喩えたら、めっちゃわかりやすい(黒笑)

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

年金記録漏れ問題でな、
社会保険庁がオンラインシステム本格稼働させた87年の時点で、
すでに納付者が分からへん厚生年金の不明記録が総計862万件あったらしい。
その862万件が膨らみに膨らんで、いまや5000万件の記録漏れやがな(黒笑)


記録の全体件数は4億件。
せやから、5000万件の記録漏れいうことは、
つまり、6分の1が消失いうことでんなあ(黒笑)

ところで、今回の件やけどな、
わしは、この年金の記録漏れ、
田原総一朗は、コボルとかいうシステム言語が悪いとか言うてたらしいけど、
ちゃうねんちゃうねん、これは、つまりこういうことや。

あるところにマジメにコツコツ働く、薄幸な、
つまりは、幸の薄い女がおった。
これが、いうたら国民や。
その女に毎月決まった額の金を貢がせるヤクザな男がおった。
アメリカ製の武器揃えるのが何よりも楽しみな道楽者。
これが、国や。
その男は、女に向かってな、
「オレにマジメに金を渡し続けてくれたら、
 60歳くらいになったら絶対オレが面倒見たるがな心配せんでええ」と、
オウムのように言い続けてきたんや。
女は、その言葉を信じて、毎月、金を渡し続けてきたんや。

ところが、女が60歳になった時、男は、それまでの約束を反古にして、
「もうちょっと待ってくれ」言いおった。
不審に思った女が「面倒見たるいうたやん?」と、男に問いつめたら、
男は開き直って、「お前に金を貰ってたいう記録がない」言いおった。
ほんまは、女から預かったはずの金は、グリーンピアみたいなギャンブルに
注ぎ込んで、ことごとく大損しとったんや。呑み食いも派手にやっとった。
せやのに男は、自分のことは棚にあげて、
女に「70歳から面倒見たるから、それまで、払え」と言いおった。
心の片隅では、「こいつそろそろ寿命やから返さんでええ」と思うとる(黒笑)
d0105688_1033287.jpg

つまりは、こういうことでんなあ。
そして、こんな薄幸な女が、6人に1人おる国が、ニッポンなんですなあ(黒笑)
男が悪いんか、女がアホか。
わしの答えは、これですわ。趣味の答えでっせ(黒笑)

政権放送や。「兵庫13区」や(黒笑)


日本マウイ化計画

こっちは本家ですわ

こっちは mix のコミュでっさ
[PR]

by ojisan-blog | 2007-07-10 10:33 | 政治・経済に愛のボヤキ


<< 赤城農相の言葉と態度は、日本に...      羽賀は 政治家になっとくべきやった。 >>