兵庫のおじさん 愛のブランデー日記

ojisanyade.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 05日

専門家は、視聴者の幸せは「専門外」でんがな。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

あるシンクタンクのアンケートでな、
テレビの健康情報番組に「専門家」が登場して解説したら
「その内容を信用する」という人間が、半分くらいはおるいうことが、
わかったそうなんや。
関テ〜レの「発掘!あるある大事典2」でも、専門家、ようさん出とったなあ。
3人に2人は、健康情報番組で紹介された食いもんを買うたことがあるらしい。

わし、また鋭いことタダで言うてしまうけど、
「専門家」いうのんはな、
自分が喋ったことの社会的影響を考えることは「専門外」の人らなんやで(黒笑)




つまり 専門家は、視聴者の幸せは

 「専門外」やねん。おもろいでぇ(黒笑)


d0105688_11191797.jpg

まあ、インタビューの内容を意図的に編集された可哀相な
ほんまもんの専門家はんもいてはったけどな。

あんな、TVいうたら許認可ビジネスや。
そういうお上のやっとることはな、この「あるある」に限らず、
多かれ少なかれ
昔から専門家が、「黒や灰色なことも白や」いうて、
みんなに信じ込ませるために、
いうたら偽造・偽装・捏造のための
正統化のアシスタントをしてきたんや(黒笑)


理論的支柱いうオモロイ言葉もありまんなあ(黒笑)

今回の「あるある」に専門家が利用された現象は、
実は、わしらの歴史に付きものみたいなもんやねん。
ピスタチオかなんかの路上販売でいうたら「サクラ」やな。
スーツ着た「教授とか助教授」の肩書き持った「サクラ」やねん。
そいつらが、「このピスタチオうまい」いうたら、みんな信じて財布だすんや。
格差社会にニッポンがなる過程にも専門家おったやろ?
イラクにブッシュが攻め込む過程にも専門家おったやろ?
ビタミンCの過剰摂取にも専門家おったやろ?
歴史を振り返ったら、「あるある」もビックリの専門家だらけやで(黒笑)



専門家を疑う本能が必要でっせ(黒笑)

これ見て磨きなはれ(黒笑)

「兵庫のおじさん」

「兵庫のおじさん」また別のお話や

こっちは mix のコミュでっさ
[PR]

by ojisan-blog | 2007-03-05 11:20 | メディアに愛のボヤキ


<< ポジティブって ええ響きやなあ。      素人とガチンコできるんはエラい >>