2007年 02月 13日

耐震偽装は、防衛戦略でっせ。

日本は歴史のある国やけど、
心から尊敬できる真実の愛のあった人物は少ないなぁ。
誰か一人を挙げてくれ頼む言われたら、
そやな人生幸朗師匠やろな。

あのボヤキは、いまの日本にイチバン足りんもんのひとつやで、ほんま。

a0012134_13345662.jpg


話は替わるけど、
この間、上海の近くでゴルフしとったら
ワシ目がけて、平身低頭の姿勢で、両手を拝むように合わせて、
「先生!先生!」いうて叫びながら、
猛スピードの小走りで近づいてくる紺色のスーツ姿の奴がおる。
よう見たら、霞ヶ関の役人や。
5年前に、コンパニオンさんのようさんおる店で、
シャブシャブ食わせてもろたことがある。
牛肉のレベルは、イマイチやったから、よう覚えとるがな。
わし、グラム2万円以下の牛肉は、カラダが受け付けへんねん

そんで、
「お前は、スーツ着た人間魚雷か?」
言うたったら、よろこんでなぁ。
頭をかきむしりながら、ワシに国家戦略の相談を始めよった。

お題は、いまをトキメク耐震偽装のことやった。

まあ、みんな知ってる思うけど、
耐震偽装は、大概スゴいことになっとる。
アパホテルの一件も火ぃがついてきた
去年の11月には、実は、全国の新築マンションの7%に偽装の恐れがあると国交省が発表しおった
いまや、おまけに原子力発電所までヤバいらしい
地震起きたら、即、チェルノブイリやがな。

ほんまアブナい国になったもんや。

けどな、その役人が驚くようなことを言いおった。

「実は、あの耐震偽装。冷戦の終結あたりの時期から
 国が総力を挙げて、計画的に進めていたこと。
 つまりは、国家戦略なんです」

ほぉ、地震で崩れるビルやダムや原発は、狙いやったんか。

濡れ手に粟のビジネス情報ゲットしたろおもて、
「そういう意外性のあるアイディア、わし嫌いとちゃうで」
いうて持ち上げたったら、喜んで、ぺらぺら喋りだしおった。

役人「実は、耐震偽装は、民間のマンションから、原子力発電所、ダム、
        あらゆる公共施設に及んでいるんです」
わし「そら、滅茶苦茶アブナいがな」
役人「そうなんです。極めてアブナいことになってます」
わし「それが、なんで国家戦略なんやねん?」
役人「ええ、冷戦が終結してから、日本の置かれている状況は、
        ガラリと変わりました。ソ連という悪の枢軸がなくなって、
        アメリカも、日本を反共の砦として、守るメリットが少なく
        なってきたわけです」
わし「アメリカは、段階的に東アジアから引き上げる傾向にあるなあ。
       中国が軍事的にも経済的にも台頭してきとるけど、
       アメリカは、日本を守るよりも、中国と競わせたいいう
       分断統治の世界戦略を実行に移しとるがな」
役人「そうなんです。これからの私たちは自分たちで自分の国を
        守らなければいけないんです!!!」
わし「叫ばんでもええがな。ここ中国のゴルフ場やで、
       で、なんで耐震偽装なんやねん?」
役人「そう。それなんです。
        耐震偽装を計画的に行うことによって、日本の建物の多くは、
       潜在的に倒壊の危険性を孕んでいます。
       特に、原子力発電所やダムは、倒壊した場合、著しく危険です」
わし「ほんまやなあ。
       ある意味、イラクより危険いうたら危険やで、これ」
役人「そうです!そんな危険な国に、どんな国の軍隊が、
       やってきたいと思うでしょうか?
       高速道路を戦車が走れば、もろともドシンですよ!」
わし「なるほど。
       耐震偽装によって、日本を滞在するだけで恐怖感の高まる
       デンジャラスな国にしといて、
       あらゆる国に攻めてくる気をなくさせると

役人「その通りです!先生!」

そいつ東大とハーバードとソルボンヌとアベノの辻調でとんねんけど、
カシコかアホか、わからんやっちゃ。
攻められへんかも知らんけど、
北朝鮮より先に自滅したら、どないすんねん。

デポドンの核弾頭より、自国の原発がドカンといく。
その可能性も、たいがい高いような気がするけどな〜。

島根原発なんか地震の巣の上に建築されてるがな

まあ、ワシは、ええビジネスの情報もろたから、ええけどな。
国籍も6つ持ってるし。

ああ師匠の「責任者でてこい」が聴きたなってきたがな。

これをお読みのみなさんも、世の中を疑うて、
グラム2万の牛肉食えるようになりなはれや。

「責任者でてこ〜い!」言うても、誰も名乗りをあげへん日本の体質は、
21世紀になって、ますます悪化しとる。

この日本の映像作品はな、いまは亡き人生師匠への、
わしなりの愛のオマージュやから見たってや。

「人生師匠への愛のオマージュ(その1)」

「人生師匠への愛のオマージュ(その2)」

こっちは mix のコミュでっさ
[PR]

by ojisan-blog | 2007-02-13 17:06 | 政治・経済に愛のボヤキ


<< 今年のバレンタインは、義理オイ...